発達障害

お兄ちゃんのことば

数値化されるお兄ちゃん(S-M社会生活能力検査)-2

いろいろな専門家がいろいろな方法でお兄ちゃんを数値化したり、判定したりしました。そして出された結論はほとんど同じでした。 結果は私たち親子の大まかな地図になっていきました。これからどうなっていきそうなのか、どういう選択があるのか。こういった子どもをテストする、判定することを嫌う人もいるかもしれません。でも…。
お兄ちゃんの検査

数値化されるお兄ちゃん(S-M社会生活能力検査)

人を数値化するとこうなります、しかし私は自分が数値化されて公開されちゃうのは、ちょっと気後れします。 お兄ちゃんだってこんな風に晒されて迷惑かもしれない。 でも一応仮名にしてるし、このブログでは今28歳のお兄ちゃんの許可を得て、公開しています。私たちの足跡がだれかの参考になれば、と思っているので良かったらみてね!!
お兄ちゃんのことば

できないとやらない

保育園では3歳クラスとはいえ運動会やお楽しみ会などで発表するお遊戯や歌などを練習します。 「みんなで何かやる」が興味ない、ちょっと苦手なお兄ちゃん。 つるんつるんと逃げていくらしいです。 ところが…。
お兄ちゃんのことば

模倣が苦手?

以前臨床心理士さんからのアドバイスで日々の療育の他に、 「模倣が苦手」「模倣に面白味が感じられないのかもしれない」とのお話が。 お兄ちゃんの模倣について考えていました。
お兄ちゃんのことば

言葉を教えたい「やって〜」をわかってもらう作戦

発達障害のあるお兄ちゃんに言葉を教えるには、こちらが一方的に言うよりも、同じ感情になってもらうのがいいのかも!?話して欲しい一心でやってみた「感情から言葉を出してもらう」作戦でした
お兄ちゃんのことば

出さぬならちょこっと誘うかホトトギス

何で話さないのか?思わず言葉を発してハッとすることもあったお兄ちゃん。 天の岩戸に隠れちゃった何かを誘い出すような、そんな遊び(?)をしていました。
お兄ちゃん幼児期

言葉の芽が出てきた頃

意味不明な声や動きも、けっこう出どころがあったと気づいた母。もう少し敏感だったら良かったのにいつもスルーしてたかもしれませんでした。でもこんな風に言葉がぽろりぽろりと出てきました。
お兄ちゃんの検査

臨床心理士さんの話 4

さて、臨床心理士さんの話まとめ。というか、課題! 宝クジ買わなきゃ当たらないとか言ってましたが、何もせずに「改善」はない、と言うか、「ゆっくり見守りましょう」ではないような感じになってきました。
お兄ちゃんの検査

臨床心理士さんの話3

今回は、屋内で知能テストをやりました。予想外の展開と、考えもしていなかったコメントをもらった私たちでした。
お兄ちゃんの検査

臨床心理士さんの話2

臨床心理士さんに個別相談してもらったお話その2です。運動機能が何で心理の先生のお話になったのか、何が関係あったのか。そのまとめです。