応援

お兄ちゃんのことば

出さぬならちょこっと誘うかホトトギス

何で話さないのか?思わず言葉を発してハッとすることもあったお兄ちゃん。 天の岩戸に隠れちゃった何かを誘い出すような、そんな遊び(?)をしていました。
お兄ちゃん幼児期

言葉の芽が出てきた頃

意味不明な声や動きも、けっこう出どころがあったと気づいた母。もう少し敏感だったら良かったのにいつもスルーしてたかもしれませんでした。でもこんな風に言葉がぽろりぽろりと出てきました。
お兄ちゃんの検査

臨床心理士さんの話3

今回は、屋内で知能テストをやりました。予想外の展開と、考えもしていなかったコメントをもらった私たちでした。
父の入院

舞い込んだ応援

父が入院、麻酔からやっと覚めたらせん妄でトンデモ発言連発を経て、今は生きる意欲の欠如をどうしたものかと思っていました。 そんな時にグットタイミングで来た電話。それは舞い込んだ応援でした。