父からの手紙

父が認知症に?

父とは結構電話も週2回位話していました。

その頃、私がパソコンで仕事する時間が長くて目が悪くなったことを話していたので、定期的に目のサプリサプリメントを送ってきてくれたりしたのです。

1年くらいの間にそのサプリメントに添えてくれていた手紙が変化してきました。

初めは便箋に1〜2枚、達筆すぎて読めない部分もある文章が書かれていたんだけど、だんだん言葉が少なくなっていって…

「お父さんこれじゃ業者の人みたいだよー、というか業者の人も手紙とか入ってるけどモノだけって〜!」

とお礼の電話した時に言うと父も

「あはははは、そっか」

などと笑っていたんです。

が。

薄々変な感じはしてたんですよね。

でも、あれもこれも今考えれば予兆の一つでその時は

「なんか変なの、歳とると面倒臭くなるんだろうな、お父さん歳なのかな?」程度に流していたんですよね。

コメント