臨床心理士さんの話2

お兄ちゃん幼児期

前回の臨床心理士さんからいただいたお話のつづきです。

 

前回は、予想外にも「運動機能」から見た発達段階の見解でした。

 

そしてお兄ちゃんの発達段階から見たお話をまとめると

 

 

運動が苦手だと自我が?

 

自我って例の

『じぶんで〜!!』って

かんしゃくをおこしたりする

アレ?

 

でもなるほど、発達の過程では自分がわからないと他人は意識できない、

他人がいなければ話もしなくていい。

 

となると、やはりこの時代は運動の発達を促すのが大人としては手助けしやすいことのようです。

 

理屈はなるほどわかりました。

それで…なんですよ〜

こ…これはなかなかの負担です。

 

私は仕事もしていましたので、どうやって時間を捻出しようかとも思いました。

 

でも仕事があろうとなかろうと若かろうと体力があろうとなかろうと大変なことには変わりないですよね〜。

 

さて、もちろんこれで終わりではありません。

 

これからが室内のテストでちょっとうう〜〜ん!でした。

 

それは次回に!

 

コメント