お兄ちゃん1歳半頃/あれ??

お兄ちゃん幼児期

お兄ちゃんは1歳4ヶ月で保育園に入りました。

入った当時は周りもみんなざわついて、特に朝の別れであっちこっちギャン泣きだったので、特にウチが変わっていると感じてはいなかったな。

もちろんそこそこ泣いていたものの、どちらかというと苦労しない方だったかも。

夕方お迎えに行くと

または

珍しいおもちゃに夢中だったとも見える時期だったけど、これがいつもの風景になっていった。

今考えるとこのへんに自閉症っぽさがチラリと見えるよね。

でも、第一子ってあらゆることに初めてだから「こういうものかな」と毎日を進めていくので当時は他の子と違う!なんて思わなかった。

 

でも、保母さんはあれ?と感じている部分もあったみたい。

 

あるお迎えの日の会話が「ご飯ですが、白いものしかあまり口にいれませんか?」と聞かれました。

ちょっと奇妙な質問だったから覚えているんだよね。

 

 

言われてみればその頃好きだったのは白いものが多かった。

 

小さい頃って大好きなものばかり食べたがるかと思えばピタリと食べなくなったり、体調で好き嫌いも激しく出ることもあって…この時こうだったと断言しにくいけどね。

今考えると、ちょっとちがうところの一端でした。