父の転院

父が認知症に?

さて、間があいてしまいました。

 

実家の家庭内のいざこざでストレスがあって体を壊していました。

それは先々描くとして…。

 

ここまでのお話は、父が癌で入院した大病院からいよいよ小さな病院に転院しなければならず

 

しかし転院先に紹介されたところが皆、歩くためのリハビリが受けられない病院や施設だったところからでした。

 

 

 

医療従事者の従姉妹に助言をもらって、粘って交渉していましたが

 

 

 

父は母の一言で転院先が決まりました。

 

 

今となってはこれが決定打のように思うのですが

それからもう亡くなるまで、

 

父は二度と歩くことはなく

車椅子生活でした。

(父がリハビリを受けられる所に行っても、やったかどうかはなんとも言えないですけど)

 

とてもとても残念なことでした。

 

 

父が入院してから、家はあっという間にゴミ屋敷になりました。

元々整理整頓は苦手な母でしたが、お掃除は父がいたから互いにやっていたところもあったと思います。

 

私はその頃、母にとって便利なお手伝いさんになっており

 

お手伝いさんが来るから、面倒なことや掃除はやってもらえばいいや。

ということになっていたようでした。

 

仕事が忙しくて徹夜明けに、しかも立って数時間新幹線に乗って来ることもありましたが、母の機嫌を損ねれば3泊ほか弁ということも。

 

この玄関の箱だらけ。

 

それは母が買い散らかしたテレビショップの未開封の段ボール。

これも、私(か一緒に来たうちの子)が開けて説明書を読んで

組み立てて、母に使い方を教えるのです。

 

そして、私が父の転院に際して出入り禁止になった発端は

 

病院側と転院先を交渉中だったのだから、どうして勝手に決めてしまったのか文句を言ったのと

 

もう家に帰らなくなった父の

通帳と印鑑を探すことを指示されたことからでした。

 

親孝行したい時に親はなしとか言いますが

親孝行すればするほど、嫌な展開に…というのがうちのパターンなのでした。

 

やれやれ

コメント