できないとやらない

お兄ちゃんのことば

おゆうぎ会や保育園での出し物の練習をしていた時の話です。

 

まだ小さいクラスなので保育士さんが

無理なく遊びながら時間をかけて教えてくれていました。

 

 

3歳なので複数の歌や踊りを覚えたりさせませんから

新しい踊りだけでなく

 

以前運動会にやった

カッパの親子

も今回のお楽しみ会の出し物だとか。

 

 

お兄ちゃんは

関わりに楽しさや欲求を感じない。

(周りの人に比べたら、ですが)

 

一緒に何かするのは苦手

(3歳児ですし)

 

 

でも今回は机の下に隠れちゃって

恥ずかしい!?

かったみたい。

 

お兄ちゃんが大人になった今だから、落ち着いて考えると

 

 

 

こっちは⇧やらない(選んでいる)部分                 こっちは⇧できない部分

 

 

で、この場合

援助(または促す?)をするかどうかといえば

 

やっぱり障がいからくる部分に口出すべきかな~と。

 

 

嫌だろうけど一緒にやろうよ。

気持ちがないかもしれないけど関わろうよ。

⇨ やってみたら楽しいこともあるかもよ。

 

 

もちろん簡単ではないし、母親ひとりでは到底できないことです。

 

でもね、保育士さんや保育園という環境が

とっくに促してくれていたんですよねー。

 

 

ウチはお兄ちゃんに障がいがあって

保育園に入園したわけではなかったのですが

 

入っていて本当に良かった!!

 

と思っています。

 

コメント