数値化されるお兄ちゃん(S-M社会生活能力検査)

お兄ちゃんの検査

療育する親の会に参加して、専門家に診てもらい、

日々の療育にモタモタと

取り組んでいる毎日でした、が

 

 

やらないよりはやる、療育。

 

歯磨きのように当たり前に生活に入れ込む、療育。

 

と言う感じでやっていました。

 

 

 

そんなことをしつつ、少しづつ情報を集め

 

区の教育相談にも行くことにしました。

 

そこでは

 

 

S-M社会生活能力検査

 

(検査者が子どもを直接検査するのではなく、子どもの日常 生活をよく知っている保護者や担任教師が回答。 質問項目は発達年齢段階に分かれている。社会生活年齢(SA)と社会生活指数(SQ) を算出。)

 

 

これを4歳ジャストで受けさせてもらいました。

 

以下結果です

 

細かい数字など、書いている私、わかりません。

 

 

 

 

ざっとこんなかんじでした。

 

 

これは当時は親には見せてくれないことが多かったのですが

 

これをもって保健所に行くためにもらったのです。

 

 

それをメモしておいたものでした。

 

 

これで何がわかるか!?というと

(1歳6ヶ月国立病院で受けたテスト同様に)

結果のばらつきが大きいということです。

 

 

C 意思交換

S 集団参加

 

 

がお兄ちゃんの弱点で、ここがいわゆるIQだと

教わりました。(ごめんなさい、素人なのでわからない)

 

 

長くなったので、以下続きます〜。

もうちょっと解説しますね。

 

 

 

コメント